営業日報は文章である必要はない!|非文章化で効率アップ

活用できるデータにする

男女

営業を行なう場合に大切となるのが、毎回の営業日報です。自分がどのような相手にどのような提案をしてきたのか振り返るとともに、後輩や同僚にとっての仕事のヒントとなるものです。しかし、実際には書くのに時間が掛かるわりには同じ内容になってしまったりと、十分に活用できていないことが多いのです。特にテンプレートなどがないと書きづらいですし、過去の営業データとして活用されていない現状を目の当たりにしてしまうと適当になりがちです。そこでおすすめなのが、営業支援などのシステムを導入することです。専用のシステムを導入することによって、まず営業日報の入力が簡単になります。文章で入力するものでなく非文章情報タイプの日報が多いので、選択肢を選んでいくだけで営業日報を完成させることができます。最近のシステムは、スマートフォンやタブレットから使用できるものが多いので、移動の間などでも入力する事が可能です。営業を行なってからすぐであれば入力できることも多く、その場で振り返ることは今後の営業活動にもよい影響を与えるでしょう。さらに、全員の営業日報がデータベース化されるので、簡単に参考にすることができるのです。同時に進捗確認もひと目でわかるようになりますので、作業効率アップにも繋がるのです。さらに、わざわざ会社に帰ってから文章を考える必要がありませんので、不要な残業をなくすこともできるでしょう。不要な残業をなくすことで会社にとって経費削減になるだけでなく、社員のモチベーションにもよい影響を与えます。

顧客満足度に関わる

オフィス

コールセンターでのスムーズな応対を実現させるためには、最適な機能を持ったCRMシステムを導入することが必要であると言えるのです。また視認性のよさも重要であり、作業スピードを上げたいのであれば重視すべきポイントと言えます。

もっと知ろう

業務圧迫の原因ともなる

固定電話

定期的に繁忙期がある場合や業務だけに集中したいという場合、電話対応が煩わしくなってしまうことは少なくありません。そのような場合には、電話代行サービスを利用するのが便利でよいでしょう。

もっと知ろう

後回しにしてしまいがち

会社

会社での業務をこなしていくうえで、必要な事務作業は避けられないものです。繁忙期でもきっちり事務作業をこなす方法としては、代行サービスを利用するということがまず挙げられます。

もっと知ろう